野草園 散策こみち

マムシグサ

サトイモ科/別名:ヘビノダイハチ

slide0005_image010
花に見えるのは仏炎苞と呼ばれる部分で長さ10~20cm、色は淡緑から黒紫で白いすじが走っている。
仏炎苞の中心には肉穂状の花序があり、果実は秋になると赤く熟す。            状態により、雄になったり雌になったりする不思議な植物。 有毒。 

一覧に戻る